商品アイテム数 0アイテム

商品合計:0円(税込)

あと2500円で送料無料

ショッピングカート

閉じる

ドライフード★ 2017年人気ランキング

2017年、tamaで人気だったフードやサプリメントは?
ということで、tamaではカテゴリー別に2017年の人気ランキングを発表します。
※総合栄養食限定(療法食除く)、現在長期メーカー欠品のフードは除く

2017年 カテゴリー別人気ランキング

人気TOP3は・・・!?

ドライフード人気ランキングTOP3はやはりこのブランド!

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット

ドライフード部門堂々の第1位は、4年連続「ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット」
2017年も様々な新フードが登場する中、4年連続でナンバーワンに輝き続けるナウの魅力とは。
「ナウ フレッシュ」は本来、肉食獣である猫の食性に考慮して、原材料に穀類を使用していません(グレインフリー)。また、新鮮さと安全性にこだわって作られ、タンパク質が豊富な「ミートミール」もあえて使用せず、ターキー、ダック、サーモンなどの新鮮な生肉だけを主タンパク源としています
そして、新鮮なお肉のおいしさを壊さないよう、90℃でゆっくり丁寧に調理するSCSB(Slow Cooking in Small Batches)製法を採用し、素材のおいしさと栄養を損なわない工夫もほどこされています。
猫の食性・健康を考えた原材料を使用』『おいしく仕上げるための工夫・努力をいとわない』というこだわりが、4年連続ナンバーワンとなった理由ではないでしょうか。
(原材料)ターキー、ポテト粉、エンドウ豆、ポテト、エンドウ豆繊維、など
(タンパク質)31%(脂質)18%

  • 購入する(商品詳細)

さて、気になる2位~は・・・!

  • 2位ナウフレッシュ グレインフリー フィッシュ アダルトキャット ナウフレッシュ グレインフリー フィッシュ アダルトキャット 2位に選ばれたのは、1位の「ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット」のフレーバー違いの「ナウフレッシュ グレインフリー フィッシュアダルトキャット」。「ナウフレッシュ グレインフリー アダルトキャット」をあげながら、猫たちが飽きたら、味の違いで変化をつけてあげる、という方たちから支持されたようです。
    (原材料)トラウト、鶏卵、ポテト、ポテト粉、エンドウ豆、など
    (タンパク質)30%(脂質)19%
    購入する(商品詳細)
  • 3位ナウフレッシュ グレインフリー シニアキャット&ウエイトマネジメント ナウフレッシュ グレインフリー シニアキャット&ウエイトマネジメント 3位に選ばれた「ナウフレッシュ グレインフリー シニア」は「ナウフレッシュ アダルトキャット」シリーズより脂肪分を低く抑え、ダイエット中の猫やシニア猫に配慮したフード。
    「ナウ フレッシュ アダルト」シリーズに混ぜながら与えて、カロリーや脂肪分を抑えているという方が多いようです。 1位から3位までを「ナウフレッシュ」が独占するという快挙!
    (原材料)ターキー、ポテト粉、エンドウ豆、エンドウ豆繊維、鶏卵、など
    (タンパク質)30%(脂質)14%
    購入する(商品詳細)

さて、気になる4位~は・・・!

4位:ギャザー キャット フリーエーカー

ギャザー キャット フリーエーカー

2017年4月に日本初上陸ながら、早くも4位にランクインした「ギャザー キャット フリーエーカー」は、 オーガニック原材料を使用したフード。より高品質な原材料にこだわってフードを選びたい、という方たちから、たくさんの支持を得たようです。
そして、高品質の他に優れているのが高い嗜好性。これまで「オーガニックって食いつきがイマイチ」との感想をお持ちだった皆さまの概念を覆すほどの嗜好性で、発売開始以降「良く食べる」とのレビューも多くいただきました。
(原材料)チキン、エンドウ豆、レンズ豆、鶏脂肪、フラックスシード、など
(タンパク質)30%(脂質)16%
購入する(商品詳細)

5位:ナチュラルバランス CAT オリジナルウルトラ ホールボディヘルスキャットフード

ナチュラルバランス CAT オリジナルウルトラ ホールボディヘルスキャットフード

5位には、アメリカの老舗ブランド「ナチュラルバランス ホールボディーヘルス」がランクイン。
・グルテンフリー
・尿路系疾患に配慮
といった、ベーシックなレシピが長く人気を誇る理由のひとつでしょう。
ドライフードにトッピングを楽しみたい、といった方たちからも人気を得たようです。
(原材料)チキンミール、玄米、チキン、オート麦、チキンレバー、など
(タンパク質)34%(脂質)17%
購入する(商品詳細)

6位:ナウフレッシュ グレインフリー キトン

ナウフレッシュ グレインフリー キトン

そして、再び登場「ナウフレッシュ」。6位には子猫用のフードがランクイン。
アダルト、シニア用よりもタンパク質量が多く、しっかりした筋肉や骨格、各臓器など、身体の成長や発達に必要な栄養をバランスよく配合しているキトン用フードは、子猫の頃から上質な人気フードを与えたい、という方たちのニーズに合ったようです。
(原材料)ターキー、ポテト粉、エンドウ豆、ポテト、鶏卵、など
(タンパク質)33%(脂質)20%
購入する(商品詳細)

7位:オリジン キャット&キトゥン

オリジン キャット&キトゥン

2017年に大幅なリニューアルを行った「オリジン キャット&キトゥン」が7位にランクイン。
「オリジン キャット&キトゥン」は原材料に新鮮な生肉をふんだんに使用し、本来肉食獣である猫たちのために、新鮮でバラエティな原材料を使用した食事を再現。
タンパク質を40%以上に仕上げたフードは『猫には高タンパクな食事を』と考える方たちから人気を博しています。
(原材料)チキン、ターキー、フラウンダー、鶏卵、サバ、など
(タンパク質)40%(脂質)20%
購入する(商品詳細)

8位:ゴー キャット SS LID ダック

ゴー キャット SS LID ダック

グレインフリー、動物性原材料をダック(鴨)肉に絞りアレルギーの猫にも配慮、腸内環境の健康に役立つプロバイオティクス配合、など高機能フード「ゴー SS LID ダック」は、実は1位~3位を独占している「ナウフレッシュ」のファミリーブランド。
ナウシリーズとローテーションして与えている、という方も多いようです。
(原材料)ダック、ダックミール、鶏卵、エンドウ豆、エンドウ豆粉、など
(タンパク質)31%(脂質)15%
購入する(商品詳細)

9位:アーガイルディッシュ ワトルキャット

アーガイルディッシュ ワトルキャット

アーガイルディッシュは日本生まれ、オーストラリア育ちのフードブランド。オーガニック原材料をふんだんに使用し、高品質なフードを作り上げています。また、オーガニック素材以外に、抗生剤を使用していない動物性タンパク質源として、低脂肪のヘルシーなカンガルーの良質な赤身肉を配合。《高品質で安全》はもちろんのこと、猫の体を作るために必要な良質な原材料を厳選し配合することでオーガニックの枠を超えた、良質なフード作りにこだわっています。
また、アーガイルディッシュのフードはドライフードながら賞味期限をあえて短く設定し、鮮度に“独自のこだわり”を持っています。一般のフードは製造後の賞味期限:1年のところ「アーガイルディッシュ」は賞味期限を製造後、6か月と短くなっています。それは、“最後までおいしく食べてほしい”という思いから、鮮度(おいしさ)に強くこだわった結果。
そんな独自のこだわりをもつ「アーガイルディッシュ ワトルキャット」が9位にランクイン。
(原材料)カンガルー肉、ラム肉、オーストラリアンスポッテドマッカレル、テイラー、ポテト、など
(タンパク質)36%(脂質)11%
購入する(商品詳細)

10位:ゴー キャット FF グレインフリー チキンターキー+ダック

ゴー キャット FF グレインフリー チキンターキー+ダック

2016年のランキングでは17位だった「ゴー キャット FF グレインフリー チキンターキー+ダック」がTOP10入りする大躍進。
ゴー キャット FF グレインフリー チキンターキー+ダック」は本来、肉食である猫の体をより意識したレシピ。
ノーグレイン(穀類不使用)で高タンパク質、低炭水化物の食事が強く引き締まった健康的な体作りに役立ちます。
ゴーシリーズの中では、最もお肉の含有量が多いシリーズです。
(原材料)チキンミール、チキン、ターキー、ダックミール、ターキーミール、など
(タンパク質)48%(脂質)18%
購入する(商品詳細)

11位:ハッピーキャットセンシティブ ビオ・ゲフルーゲル

ハッピーキャットセンシティブ ビオ・ゲフルーゲル

「ハッピーキャット」から、原材料にオーガニックチキンを使用し、小麦、大麦、大豆などを使わずノーグルテンで仕上げた「ハッピーキャットセンシティブ ビオ・ゲフルーゲル」がランクイン。
(原材料)ポルトリーミール、米粉、ライスプロテイン、ポルトリー脂肪、ポテトフレーク、など
(タンパク質)30%(脂質)18%
購入する(商品詳細)

12位:ハッピーキャットスプリーム ベストエイジ10

ハッピーキャットスプリーム ベストエイジ10

「ハッピーキャット」から2つ続いてランクイン。
加齢による代謝の衰えや、腎臓、肝臓、心臓の機能低下がみられる10歳以上の猫のために、タンパク質、ナトリウム、リンを控えめにした「ハッピーキャットスプリーム ベストエイジ10」。
(原材料)ポルトリーミール、米粉、ポテトフレーク、コーン、コーン粉、など
(タンパク質)26%(脂質)15%
購入する(商品詳細)

13位:ナチュラルバランス CAT インドアキャットフード

ナチュラルバランス CAT インドアキャットフード

毛玉を排出しやすいように食物繊維源としてオート麦、エンドウ豆の繊維質を加えた「ナチュラルバランス CAT インドアキャットフード」。毛玉や便臭に配慮したレシピが人気を得ているようです。
(原材料)チキンミール、玄米、オートミール、サーモンミール、オート麦繊維、など
(タンパク質)30%(脂質)14%
購入する(商品詳細)

14位:アートゥー CAT チキン

アートゥー CAT チキン

2017年の新ブランド「AATU(アートゥー)」から、猫が大好きな素材の定番《チキン》を使ったレシピがランクイン!
「アートゥー CAT チキン」は、本来肉食動物である猫のためのフードとして原料の85%は肉、その他に野菜やフルーツなどを15%配合。「85/15」フードは、徹底した研究を基に『猫が長く健康な生活を送ること目指し』つくられたフードです。
(原材料)チキン、ドライド・チキン、スイートポテト、ヒヨコ豆、サーモン油、など
(タンパク質)32%(脂質)20
購入する(商品詳細)

15位:ハッピーキャットセンシティブ グレインフリー カニンヘン

ハッピーキャットセンシティブ グレインフリー カニンヘン

(原材料)ラビットミール、ポテト、ポテトフレーク、内臓肉(あばら肉)、牛脂肪、など
(タンパク質)32%(脂質)14%
購入する(商品詳細)

16位:ナチュラルバランス CAT リデュースカロリー

ナチュラルバランス CAT リデュースカロリー

(原材料)チキンミール、チキン、玄米、ポテト、オート麦、など
(タンパク質)34%(脂質)10.5%
購入する(商品詳細)

17位:ハッピーキャットセンシティブ エンテ

ハッピーキャットセンシティブ エンテ

(原材料)ダックミール、米粉、ライスプロテイン、ポルトリー脂肪、ポテトフレーク、など
(タンパク質)30%(脂質)18%
購入する(商品詳細)

18位:アカナCAT ワイルドプレイリー

アカナCAT ワイルドプレイリー

(原材料)チキン、ターキー、チキン内臓肉、チキンミール、ターキーミール、など
(タンパク質)37%(脂質)20%
購入する(商品詳細)

19位:ハッピーキャットスプリーム ステアライズド

ハッピーキャットスプリーム ステアライズド

(原材料)ポルトリーミール、コーン粉、内臓肉(あばら肉)、米粉、セルロース、など
(タンパク質)37%(脂質)10.5%
購入する(商品詳細)

20位:オリジン 6フィッシュ キャット

オリジン 6フィッシュ キャット

(原材料)サバ、ヘリング、フラウンダー、アカディアンレッドフィッシュ、アンコウ、など
(タンパク質)40%(脂質)20%
購入する(商品詳細)

トップページへ