商品アイテム数 0アイテム

商品合計:0円(税込)

あと2500円で送料無料

ショッピングカート

閉じる

No Bowl Cat Feeder(ノーボウルキャットフィーダー)

ご存知ですか?猫が少しずつ食事をとる理由。

肉食獣である猫は、本来、1日に何度か狩りを行い、その都度、狩った獲物を食べていました。
猫の主な獲物となる、ネズミなどの小動物のカロリーは1匹、約30~35キロカロリーと少なく、必要なエネルギーを摂るためには、1日に8~13匹のネズミの栄養が必要です。
毎回捕まるわけではないので、数回の狩りを行い、その狩りが猫にとって適度な運動にもなっていました。
1日に何度か狩りを行い、その都度、獲物を食べていた猫は、一度にたくさん食べる習性はないようです。

人間と暮らすようになっても猫は、フードボウルに用意された食事を一度に食べてしまうことはまれで、少量を何度かに分けて食べることが多いものです。

猫は本来、食事を狩ってえるもの。そんな猫本来の習性に着目した獣医師がいました。
アメリカで16年獣医師を続けるドクター リズ ベールズです。彼女は、とてもミステリアスな猫の行動、習性に対して特別な関心を抱きました。

その結果、開発されたのが「猫本来の食事」に適合した『No Bowl Cat Feeder(ノーボウルキャットフィーダー)』なのです。

▽開発者であるドクター リズ ベールズの解説(解説部分/6:55)

ドクター リズ ベールズは『どのように食事を与えるか』ということは『どのような食事を与えるか』と同様に大切なことだと考えました。
猫にとって食事は『獲物を狩って摂るもの』。狩りという行為がないと、猫は『ただ食べるだけ』になってしまい、肥満の原因となったりストレスを抱え、猫によっては泌尿器系の病気を起こす場合もあるとドクター リズ ベールズは言っています。

「猫にとって狩りはとても大切な習性のひとつ」と考えるドクター リズ ベールズは猫の習性に沿い、猫の本能を満たす『No Bowl Cat Feeder(ノーボウルキャットフィーダー)』を開発しました。

しなやかな体に野性味を残しながら、私たちと一緒に室内で暮らす猫たち。猫たちには、あるがままの姿で、できるだけ長く側にいてほしいから。
家で暮らす猫たちにこそ、狩りで獲る喜びを。捕食者としての猫の本能を満たす食事にトライしてみませんか。

No Bowl Cat Feeder
(ノーボウルキャットフィーダー)
購入する(商品詳細)