• 読み物/ブログ
  • 初恋の猫

2018.10.05

まぐろんさんの初恋の猫

まぐろんさんの初恋の猫

“あれはまぎれもなく私の初恋にゃんこだと思います。”

初恋の子の前に。一緒に暮らしている猫のことを教えてください

一匹目は、前の猫ちゃんの遺品をボランティアさんに寄付しに行ったことで始まりました。
その際、連絡先を交換したボランティアさんから、ある時「交通事故に遭ってしまって、足をすぐにでも手術しなければならない猫が保健所にいるのですが、どうしたらいいでしょうか」といった相談を受け、緊急で家で保護することになりました。
事前に頂いた写真が、周りが暗かったこともあって何とも言えずに不気味な写真だったので、「うわ、怖ッ!」というのが第一印象だったのですが、実際出してみるとオシキャットに近いかなり可愛らしい子でした。
手術は無事終了したのですが、足を根っこから引きずってしまって鍼灸などに通ったり、虐待を受けていたようで精神的に不安定だったりしましたが、今はリビングでお腹を平気で出してごろごろ寝っ転がっています。
もう一匹いるのですが、こちらはお隣さんの倉庫で産まれ、他所へやるために一時預かりするつもりだったのが、FIPの疑いがかかったりして、結局家で面倒を見ることになりました。
FIPの可能性がずっと捨てきれず、今でも様々な事に気を付けてはいますが、普段はとにかく元気で仕方がないので、小さい身体で一匹目の猫に噛みついたり喧嘩を仕掛けたり暴れまくったり、とっても元気で過ごしています。

猫のことを大切に思うきっかけとなった、猫への初恋を教えてください

私は幼い頃から動物が大好きで、常々何でもいいから飼いたいと思っていました。
ところが、一軒家で親も昔犬を飼っていた上に動物好きであったにも関わらず、飼わせてくれたのはカブトムシやクワガタムシ、カタツムリなどの昆虫系ばかり。その子たちも好きだったのですが、学校に友達が連れてくるハムスターなどが可愛くて羨ましくてしょうがありませんでした
そんな私が小学生中学年の時、家を建て替えするために同じ校区内のアパートに引っ越ししました。そのため通学路も変わり、ご近所さんもいつもと違う人達の中で過ごすことになりました。
ちょっとそんな生活に慣れてきたある日、桑畑の前を通り過ぎてすぐのところに白いお家があり、その家の前にちょこんと可愛らしい子猫が座っていました。その白い家の前に居た子は、白い子猫。ちょっと濃いめの水色の首輪が似合っています。可愛らしく「にゃーん」と小さな声でひと鳴きすると、ゆっくりと私の方へ近寄ってきます。
私は猫が自分の方へ寄って来てくれるなんて初めての経験で、「うわあ・・・・v」と喜んでしゃがみ込みました。すると私の周りをくるくると回ったり、そっと出した私の手に懐っこくスンスンと匂いを嗅ぎに近づいてきてくれました。
暫くその子と戯れていたのですが、帰り道だったことをふと思い出して我に返り、「ごめんね」と言って白い家の前を通って帰ろうとしました。すると、ちらと後ろを振り返るとチョコチョコついてきているではありませんか。
当時は小学生だったこともあり、ついてきたらそのまま迷子になる!と何となく思い込んでしまい、「こっち来ちゃダメ!」と何度も言いました。しかし、何度言ってもなんとなく距離をとりながらもついてくるんです。
その姿がまたもういじらしくて可愛らしくてギュッと抱きしめたくてしょうがなくて。ほんっとうに可愛かったです
結局最後はもう一度「ごめんねっ」と言って暫く走ると、後ろにはもういなくて何だか無性に寂しくなりましたが。
あれはまぎれもなく私の初恋にゃんこだと思います

募集中あなたの初恋の猫を教えてください

あなたの初めて好きになった猫、いわゆる「初恋の猫」のことを教えてください。
一緒に暮らしている猫が初恋の相手だった?子供の頃、テレビで観た猫?思えば、毎日、見かけるあの子が初恋だった?
皆さんの「初恋の猫」はどんな子?いつ、どんなシチュエーションで恋に落ちましたか?