• 特集
  • ランキング

2020.07.03

2020年上半期ランキング★ドライフード部門

2020年上半期ランキング★ドライフード部門

2020年上半期、最新ランキング。いつもはフード別でランキングを発表していますが、今回は趣向を変えて、ブランド別でのランキング形式で発表いたします。
ドライフード部門では、ブランド別でも、あのフードが2020年上半期もダントツNo.1という、うれしい結果となりました。
tamaでは、ランキング1位ありがとうキャンペーンとして、1位となったフードの特別キャンペーンも同時開催いたします。
では、特別キャンペーン情報とともに、上位15位のドライフードランキングをブランド別に発表いたします。

ランキングについて

*1 総合栄養食を対象としたランキングです。

*2 2020年1月〜2020年6月までの売上を元にランキング作成しています。

それでは、ランキング発表いたします。

1位tama ボナペティ ラム&フィッシュ

【1位】tama ボナペティ ラム&フィッシュ

【1位】tama ボナペティ ラム&フィッシュ

2020年上半期ランキング1位の座に輝いたのは、tama初のオリジナルフード「ボナペティ ラム&フィッシュ」。世界中の素晴らしいプレミアムキャットフードを取り扱う中、2020年上半期もダントツ人気No.1という快挙を達成しました。
猫が肉食獣、というのは大前提のもと、グレインフリー、ミール不使用で仕上げた『ボナペティ』は、さらに、室内で暮らす猫の健康にこだわり尽くしたフード。
例えば、
・狩りなどの必要がなく運動量が減る猫に適したカロリーとは?
・グレインフリーの食事だとウンチが安定しない猫に必要な栄養素は?
・もちろん、おしっこトラブルやヘアボールにも配慮したい。
・見過ごされがちな関節炎だってケアしてあげたい。
・ドライフード以外の食事も楽しんでもらいたい、そんな場合の適度なバランスって?

そんな私たちの思いを全部叶え、大切な猫がいつまでも元気で過ごせるようなフードを実現すべく、社内の獣医師、ペット栄養管理士、いつも猫のことばかり考えているスタッフがタッグを組み、開発に挑みました。
そして、プレミアムキャットフード専門店である「tama」に届くたくさんのお声を元に、1袋50gの小分けも実現。
さらに、価格だってできるだけお求めやすくを目指し、できることは全部、社内で取り組んで、やっと製品化となった『ボナペティ』。
皆さま、本当にありがとうございます。

【数量限定】ランキング1位獲得記念!『ボナペティ』15%(150g)増量キャンペーン

tamaでは、2020上半期人気ランキング1位の獲得を記念して、『ボナペティ』の15%(150g)増量キャンペーンを開催いたします。

キャンペーン詳細はコチラ

『ボナペティ』15%(150g)増量キャンペーン開催!!

『ボナペティ』15%(150g)増量キャンペーン開催!!

【1位】tama ボナペティ ラム&フィッシュ

【1位】tama ボナペティ ラム&フィッシュ

室内で暮らす猫たちの健康に徹底的にこだわって開発したフード

あんなにかわいく、あどけない表情を私たちに向ける猫ですが、体の作りは野生下で暮らしていた頃からほとんど変わることなく、まごうことなき真の肉食獣です。
しかし、大地を駆け回り獲物を捕食するライオンやチーターとは異なり、野性味を残しながら室内で暮らす猫たち。
『tama ボナペティ ラム&フィッシュ』は、室内で暮らす小さな肉食獣「猫」にとって適正な栄養バランスを考えたフードです。

【主原料】ラム生肉、エンドウ豆、フィッシュ(イワシ・サバ・ニシン・タラ・スズキ/加水分解)、空豆、サーモン油
【タンパク質】31%以上【脂質】15%以上
※リンの値は療法食並みの0.6%となっています。

対象商品を見る

2位オリジン

2位:オリジン

2位:オリジン

2020年上半期ランキング2位となったブランドは、アメリカの自社キッチンで開発・製造を行う『オリジン』。原材料の3分の2以上に新鮮な生肉を使用し、タンパク質を40%以上に仕上げたフードは「猫には高タンパクな食事を。」と考える方たちから人気を博しています。
オリジン内では、チキンやターキーに加え、数種類の魚をタンパク質源とした「キャット&キトゥン」が1番人気。
続いて、ダイエットを目的とした、より高タンパクで低脂質な「フィット&トリム」が2番人気となりました。

オリジンの人気順発表

3位ナウフレッシュ

3位:ナウフレッシュ

3位:ナウフレッシュ

3位には、タンパク質源となる肉や魚は100%新鮮なものを使用し、素材のおいしさを猫に楽しんでもらうべく、丁寧にうまみを引き出す独自の製法で作り上げた『ナウフレッシュ』がランクイン!
『ナウフレッシュ』は、おいしさはもちろんのこと、猫の免疫や腸内環境もサポートするような多彩な食材が含まれています。ウンチの具合が良くなった、というレビューもたくさん。
『ナウフレッシュ』内で、2番人気となった「シニアキャット&ウエイトマネジメント」は、7歳以上のシニア猫はもちろん、体重が気になる猫にもおすすめですよ。

【現在、10%増量中!】ナウフレッシュの人気順位発表

4位ゴー

4位:ゴー

4位:ゴー

4位には『ナウフレッシュ』のファミリーブランドである『ゴー』がランクイン。『ゴー』は、食事が原因でお腹が緩くなりがちな猫やアレルギーの猫に配慮して、タンパク質源を限定した「LID」シリーズに加え、動原材料を豊富に使用し、より引き締まった体つくりを目指す「カーニボア」シリーズが2019年に新登場。目的別に選べる『ゴー』の人気は年々高まっています。

ゴーの人気順位発表

5位ハッピーキャット

5位:ハッピーキャット

5位:ハッピーキャット

5位に選ばれたのは、ドイツのブランド『ハッピーキャット』。様々な成長段階や目的別に選ぶことのできる「スプリームシリーズ」と、アレルギーや食物不耐症などの猫に配慮し、グレインフリー*1に仕上げた「センシティブ」シリーズがあり、全14種類*2のラインナップと、豊富な種類の中から、猫の好みや成長段階、目的別に選ぶことができるのも人気の理由のひとつ。

*1 「ビオ・ゲフルーゲル」はグルテンフリーとなります。

*2 療法食は除く。

ハッピーキャットの人気順位発表

6位アートゥー

6位:アートゥー

6位:アートゥー

『アートゥー』は、原材料の85%に肉(魚)を、残りの15%に野菜やフルーツ、ハーブなどを使用し、グレインフリーに仕上げたフード。
『アートゥー』は、「フィトケミカル*1」を含む野菜やフルーツ、ハーブなどを合計32種類配合しているのも特長の一つ。
200gサイズからご用意があるので、食事に対して飽きっぽい猫や、開けたてのフードが好きな猫からも人気の高さがうかがえます。

フィトケミカルとは

*1 野菜やフルーツ、ハーブなどに含まれる物質。抗酸化作用のあるポリフェノールなどもフィトケミカルに含まれます。

アートゥーの人気順位発表

7位ナチュラルバランス

7位:ナチュラルバランス

7位:ナチュラルバランス

老舗ブランド『ナチュラルバランス』が7位にランクイン!『ナチュラルバランス』の定番人気フードといえば、やはり「ホールボディーヘルス」。

ナチュラルバランスの人気順位発表

8位バックトゥベーシックス キアオラ

8位:バックトゥベーシックス キアオラ

8位:バックトゥベーシックス キアオラ

『バックトゥベーシックス キアオラ』は、『ジウィピーク』の日本輸入を手掛ける会社が開発したフード。『ジウィピーク』同様、安全性の高いニュージーランド産の原材料を使用。
粒サイズはおはじき状で、約10mm×厚さ5mm。極小サイズのフードだと食べ辛そうだ、という猫にもおすすめです。

バックトゥベーシックス キアオラの人気順位発表

9位ギャザー

9位:ギャザー

9位:ギャザー

『ナウフレッシュ』や『ゴー』のファミリーブランド『ギャザー』が9位にランクイン。
『ギャザー』で主に使用されるのはオーガニック原材料。
オーガニック原材料は、農薬や化学肥料残留の心配がないことはもちろんこと、収穫や成長のスピードも人間の力でコントロールしていない食材。自然の摂理をコントロールして得た食べ物は、もしかしたら何かの歪みとなって体に影響するかもしれません。”と考え、必要ないものは、体に良くない「かもしれない」ものまで、一切含まない、というこだわりのもと、開発されています。
ただ、『ギャザー』が上位にランクインしたのは、こだわりの原材料はもちろん、「猫がおいしそうに食べるから。」ってことも、大きな理由だと思います。

ギャザー フリーエーカー

ギャザー フリーエーカー

こだわりのフードが9位にランクイン

『ギャザー』は、ごはんの時間がもっと素敵になるように、アレルギーや体調に悩みを抱えている子のトラブルにちゃんと寄り添えるように、自然の恵みをたっぷり受けた安心・安全のオーガニック食材を使って最新の栄養学をもとに考えたレシピを実現したい、そんな想いで生まれたフード。

【主原料】チキン、エンドウ豆、レンズ豆、鶏脂肪、フラックスシード【タンパク質】30%【脂質】16%

対象商品を見る

10位カントリーロード

10位:カントリーロード

10位:カントリーロード

10位には、日本で暮らす猫のために開発を続け、他にはないようなフードラインナップも心強い『カントリーロード』がランクイン。
『カントリーロード』の1番人気となったのは、猫が抱えやすいおしっこトラブルの予防と初期症状の改善を目的とした食事療法食。※進行した症状の改善や、すでに形成された結成の溶解は目的としておりません。
「プレシャスサポート」は、療法食でありながら総合栄養食の基準を満たしながらも、泌尿器ケアを目的として作られています。

2番目に人気となったのが、11歳を超えたシニア猫の腎臓ケアに配慮して作られた「キドニープラス シニアケア」。タンパク質量は26%と低めですが、アミノ酸バランスを整えることで、効率よく猫に必要なアミン酸を吸収できるよう作られたフードです。

カントリーロードの人気順位発表

11位ジウィピーク

11位:ジウィピーク

11位:ジウィピーク

これぞ、肉食獣の食事ともいうべく、新鮮な生肉、内臓などをふんだんに配合して作られた『ジウィピーク』が、11位にランクイン。
『ジウィピーク』は、通常のドライフードの生産工程とは異なり、低温でじっくり乾燥させる《エアドライ製法》を採用し、生食に近い栄養価を実現しているフード。ドライフードと呼ばれるカテゴリの中では、猫にとって最高のご馳走を味わえるブランドのひとつ、といっても過言ではないでしょう。

ジウィピークの人気順位発表

12位アルモネイチャー

12位:アルモネイチャー

12位:アルモネイチャー

種類豊富なウェットフードが猫たちから絶大な人気を誇る『アルモネイチャー』ですが、ドライフードだってすごいんです。
『アルモネイチャー』で上位にランクインしているドライフードは、主に、泌尿器や消化器などに配慮した機能性を持ち合わせつつ、猫に必要な栄養バランスを整え、総合栄養食の基準を満たしたフード。
お腹の調子が安定しない、ヘアボールが気になる、そんなお悩みを抱えている場合には、tamaでも人気上位の『アルモネイチャー』のドライフードもおすすめです。

アルモネイチャーの人気順位発表

13位アカナ

13位:アカナ

13位:アカナ

『オリジン』の姉妹ブランド『アカナ』。『オリジン』と同じく、肉をふんだんに配合しながら、ちょっとお求めやすい価格、というのが人気のひとつかも。

アカナの人気順位発表

14位ウェルネス

14位:ウェルネス

14位:ウェルネス

『ナチュラルバランス』同様、アメリカの老舗ブランドである『ウェルネス』。tamaではグレインフリーのシリーズのみをお取り扱いしています。『ウェルネス』の人気上位である「室内猫用」のフードは、室内での生活で運動量が下がり、太りやすくなることに配慮して、脂質が低いのが特長。
種類も豊富でサーモンやチキン、七面鳥などから選べます。


ウェルネスの人気順位発表

15位フォルツァ10

15位:フォルツァ10

15位:フォルツァ10

15位にランクインしたのは、ウェットフードや療法食も人気の『フォルツァ10』。『フォルツァ10』は、飼育された肉を使用するのではなく、抗生物質等の化学物質の残留や遺伝子組換の弊害影響の少ない自然界の「魚」に注目し、海洋汚染の少ない漁場で水揚げされた魚を主な動物性タンパク質源としたフードにこだわり開発しています。

フォルツァの人気順位発表